投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


Happy Birthday!

 投稿者:サドラー2号  投稿日:2013年 5月13日(月)00時08分50秒
  今日、2013年5月13日は
佐渡さんの52回目のBirthdayです!
佐渡さん、おめでとうございま~~~す!

ここは今、開店休業状態なんで
佐渡さんへのメッセージは「開幕の祈り」掲示板へどうぞ~~~

http://www.eede.net/cgi-bin/cb/cb.cgi?list=tree

 

あけましておめでとうございます♪

 投稿者:Miyabi  投稿日:2013年 1月 4日(金)17時10分4秒
  今年も佐渡さんとサドラーの皆様にとって、健康で楽しい一年でありますように。
佐渡さんが今年もサプライズで素晴らしい佐渡ワールドへ連れて行ってくれるような気がしています。ヘビのように長~く、どこまでも追っかけて行きましょうね。

こちらのサイトにおじゃまするの久しぶりだと思っていたら、
1年以上も書き込みしていませんでした。
というか、どちらのサイトも最近あまり書き込みしてなかったのですが(^^;
筆不精な私ですが、今年もよろしくお願いいたします。
 

「ドイツ・レクイエム」大変でした・・・

 投稿者:サドラー2号  投稿日:2012年 1月24日(火)20時58分0秒
  いやはや、自分の体調が悪すぎなところから始まったコンサートで、
とってもたいへんでしたが、
体調管理は自己責任ですので、なんとかステロイドで咳を抑え込み、
固まった身体は2日連続で整体に通ってもみほぐしてもらって
何とか最終日には満足のいく歌い方ができました。
いや、間違いはいっぱいしましたけどね・・・。

そんなこんなで、終わってからも興奮しまくってて
なかなか寝付けず睡眠不足に陥っていましたが
今日は大雪警報が出たんで思い切って仕事を休み、身体を休息させました。
おかげで、日記も整理できましたし・・・。

あだーじょ・かんたーびれをのぞいてください、いろいろ増えてます。
 

遅くなりましたが・・・

 投稿者:サドラー2号  投稿日:2012年 1月 8日(日)22時54分39秒
編集済
  年賀状をここに貼り付けておきますね。
今年は、こういう事情で河口湖音楽祭に行けないんですが、
地元合唱団の演奏会というのも私にとっては大きなイベントなんで
何とか良いものにしたいと思っています。

とくゆみさま>
 御丁寧にありがとうございます~~
 誰からも反応がなくって寂しく思っていたところだったので、
 書き込んでくださってとてもうれしいです(*^0^*)
 

明けましておめでとうございます!

 投稿者:とくゆみ  投稿日:2012年 1月 6日(金)16時10分53秒
  地味ながらもサドラー活動したいと思いますので
今年もどうぞ宜しくお願いします!

2号さん、大変貴重な動画を有難うございます。
なかなか見れない佐渡さんのお姿。
でも普段と変わらないので、これまた嬉しいです~~~♪

そろそろお正月気分も抜け、日常が戻ってきています。
寒い日が続いてますし、お疲れが出て体調を崩したりしないようにしてくださいね。

今年もサドラーさんROOMを楽しませてもらいま~す。
 

新年の乾杯

 投稿者:サドラー2号  投稿日:2012年 1月 5日(木)23時43分10秒
  ジルヴェスター・ガラの後、バック・ステージで行われた乾杯。

http://youtu.be/ZOzdocFS4EI

限定公開ですので、このアドレスはよそにコピーしないでね。
 

サドラー日記再開

 投稿者:サドラー2号  投稿日:2012年 1月 4日(水)05時29分57秒
編集済
  長いこと、ここもサドラー日記「あだーじょ・かんたーびれ」も放置していましたが、
またサドラー日記を再開することといたしました。

最新の日記は

http://happy.ap.teacup.com/ararudin/

にありますので、ぜひ読んでください。

ついついmixiやFacebookの使いやすさにとらわれがちになっていましたが、
mixi、Facebook、Twitterと
このGUESTBOOKや「あだーじょ・かんたーびれ」の関係をどう結ぶか
自分のなかでの整理がつきまして、
年も改まったので新しい関係に駒を進めようと思ったわけです。

ここを放置していた間も、いろんなコンサートに行きましたし、
いろんなことがありました。
mixiにはその記録がありますので、順次サドラー日記の方に移していきます。

また、長いこと放っておいたここも
また皆さんと集える場所として使っていきたいと思いますので、
またよろしくお願いいたします。

 

10000人の第九

 投稿者:yUMi  投稿日:2011年 9月 7日(水)21時45分38秒
  昨日、2回目の練習でした。
1回目の語学学校から、音楽教室になりましたw

初心者なので、まずはサドラー2号さんの第九レッスンのページを参考にさせてもらいたいと思っています^^
 

補足です

 投稿者:K  投稿日:2011年 5月22日(日)17時36分26秒
  失礼、DVD化されるのは今のところ演奏会の部分で、ドキュメンタリー部分については未定です。
カッコをつけた位置で誤解を生みそうな書き方になってしまったので、訂正させていただきます。
ごめんなさい。
 

ベルリンより

 投稿者:K  投稿日:2011年 5月22日(日)17時31分45秒
  まだ現地から報告がないようなので書き込みを。

佐渡さんのベルリン・フィルへのデビューに立ち会っています。
管理人のサドラー2号さんがお書きになっているように、初日から指揮者のみの呼び出しがあったほど演奏会
は大成功。単独でステージに呼び戻された佐渡さんは感激して泣いておられました。
私も目頭が思わず熱くなりました。

さらに日を追うごとに両者の緊張もほぐれ、どんどん世界が深まっていっているのを感じます。

武満作品では当初、独特の響きや作曲語法にベルリン・フィルが曲を把握しかねている部分もありましたが、
ひとたび勘どころをつかんでからは驚くほどの速度で理解が進みました。

これをきっかけにショスタコーヴィチもどんどんよくなり、本番では他のオケだったら間違いなく崩壊する
ほどのテンポにも天下のベルリン・フィルは喰らいついて、手に汗握るような演奏が展開されました。

この演奏はデジタルコンサートホールでネット中継されるだけでなく、6月11日にはNHKのBSプレミアムで
録画放送されます。また同じ番組枠でベルリン・フィルへの挑戦を追ったドキュメンタリー番組が放送され
る予定です(後日DVD化もされるそうです)。さらに、6月29日にはエイベックスから今回の演奏をライヴ
収録したCDが発売されることになりました。新聞各紙や音楽の友やモーストリークラシックにも記事が出ま
すので、間接的ながらこの興奮が皆さんに伝わる日もそう遠くないと思います。ご期待ください。

ちなみに、管理人さまに追伸です。
これまでベルリン・フィル定期を振った日本人ということでは、小澤さんの他に岩城宏之さんや若杉弘さん、
古くは朝比奈隆さんなどもいらっしゃいます。なので、正確を期すなら「小澤さん以外に定期演奏会を指揮
した日本人は近年では久々の登場となる」ぐらいの表現になるかと思います。
(横レスで失礼しました。気を悪くなさらないで下さいね(^^))
 

佐渡さんがベルリン・フィルにデビュー!

 投稿者:サドラー2号  投稿日:2011年 5月21日(土)10時26分16秒
  おはようございます
今朝はネット上が騒がしいですね~!
日本時間で今朝未明、佐渡さんが待望のベルリン・フィル・デビューを
果たされました!!


ベルリン・フィルを急きょの代理で振ったことのある日本人はいるんですが
定期演奏会に初めから予定されていた指揮者というのは
小澤征爾さんに次いで佐渡さんが二人目です

今朝未明(現地時間20日夜)のコンサートは大盛況で
オーケストラがはけた後も拍手がなりやまず
佐渡さんはお一人でステージに残られて拍手を受けられたそうです。

これはすごいですね!
ベルリン・フィルの定期会員の皆さんからも認められたのですね~

まだ今晩、明晩とコンサートは続きますが
明晩のコンサートはベルリン・フィルのデジタルコンサートホールで
ライブ視聴が可能です。(有料)
アーカイブも利用できるようです。
それほど値段は高くないですから、ぜひ皆さん、視聴してみてください!


けいこさま>
 エスコヤマは最近、たくさん焼けるようになったらしくって
 列がマシになりましたね~
 あんまり並ばないでも買えるようになって良かったです
 ベルリン、楽しんでますか~!?
 お土産話、楽しみにしていますね

SAIさま>
 いったん治りかけた花粉症が栗の花のせいでまた悪化
 くしゃみが止まりません!

 今年はちょいと秋に札幌に行ってみようかと思ってます
 思い出の「キタラ」へ・・・
 おっとその前に河口湖のシエナだ!
 またどこかでご一緒したいですね~

のぶさま>
 キュウちゃんはとっても素敵ですよね!
 オープン9の合唱団に合格して何が嬉しいかって
 ドイツ・レクイエムをキュウちゃんのバリトンと一緒に歌えること!
 今からすごく楽しみにしています
 河口湖のカルミナもキュウちゃんですよ~
 ご一緒しませんか!?
 そうそう、秋にキタラへ行くつもりなんで、よろしくね!




http://www.digitalconcerthall.com/ja/concert/1643

 

おめでとうございます!

 投稿者:のぶ  投稿日:2011年 5月20日(金)23時54分36秒
  佐渡さんのお誕生日から1週間がたってしまいましたが、後数時間後にいよいよ夢の舞台に舞台に立つ佐渡さんに、お誕生日とベルリンデビューのお祝いを心から伝えます。
今頃、佐渡さんを始めベルリン組は、準備万端整えて「その時」を待っていることでしょう。
日本にいる私も、今日は朝から今何時かな?と時間が気になってしかたなかったです。

私は先週、地元で企画している演奏会にバリトンのキュウちゃんを迎えて、大大大成功でした。
あんなに至近距離でキュウちゃんのすてきな歌声を聴くことができて、こんなに幸せなことはありません。音楽って本当にすばらしいですね。
佐渡裕&ベルリンフィルの演奏は、ドイツはもちろん、世界中の人に大きな力と感動を与えてくれると確信しています。
最高の演奏となりますように!
佐渡さんに届くよう、ドイツまで「気」を送って力の限り応援しています。
 

おめでとうございます(^^)

 投稿者:SAI  投稿日:2011年 5月18日(水)07時50分24秒
  今更ですが佐渡さんお誕生日おめでとうございました。
節目の年に、ご自身の夢でもあったベルリンでの夢も叶うということで、二重におめでたいですね。
お祝いはコンサート終るまでお預けなのでしょうか(^^)。
それでなくても多忙な毎日だとは思いますが、お体気をつけつつ頑張っていただきたいです。
ベルリン行かれた方からのお話楽しみにしています(^^)。

色々とめげるニュースが多い中で少しでも明るくなれる材料を探す日々です。

私も月は違いますが13日生まれなので子供の頃はよくからかわれましたよ~(まだジェイソン全盛期?の頃だったので・笑)。
6月6日生まれの友達と慰めあってみたり(笑)。
でもストーリーろくに知らないんですよね、ジェイソンてそもそもどんな人物なんでしたっけ(^^;。
そもそも人間でよかったんでしたっけ?

佐渡さんと同じくらいパワフルな管理人様も、お誕生日おめでとうございます。
ベルリン残念仲間ですね、お体はご自愛くださいませ(^^)。
 

お誕生日ですねぇ~♪

 投稿者:けいこ。  投稿日:2011年 5月13日(金)23時35分33秒
   こんばんはぁ。

 ご無沙汰しておりますぅ。

 そう今日は、佐渡さんのお誕生日でしたねぇ!

 さどさん、おたんじょうびおめでとうございますぅ。

 佐渡さんの笑顔が大好きですぅ。
 いろいろお忙しい佐渡さんですが、お身体は大事になさってくださいねぇ。
 エス・コヤマでいいもの探しておきますぅ。

 2号さまも元気が1番です、無理なさらないようにしてくださいねぇ。

 私の仕事は相変わらず、いろいろありますが、
 ベルリンに行くことは、譲れないので行ってきますねぇ。


 
 

佐渡さんのお誕生日ですよ~

 投稿者:サドラー2号  投稿日:2011年 5月13日(金)03時07分58秒
  こんな夜中に書き込んでますが・・・
今日13日は佐渡さんの50回目のお誕生日です

・・・お誕生日が13日の金曜日って、どうよ!?
と思いますが(笑)
佐渡さんについてる「福の神」はそんなもの、ものともしないですよね
何しろ、耳たぶに米粒が3粒も乗る佐渡さんだから・・・


そしてそして、もうすぐ待望のベルリン・フィルとのコンサートですね
日本からも多くのサドラーが駆けつけますが、私は行けません
今年度になってから、体制的には行けることが判明したけど、時すでに遅し・・・
どっちみち、パスポートもないしね~
ベルリン遠征組からのレポートを待ちます





私はといえば、今週はとってもしんどかったです
2月から体調を崩して、3月にはもう治療法がないと言われた教え子が
月曜の未明にとうとう旅立っていったもので・・・


・・・ベルリンに行ってる時間は、やっぱりなかったですね


http://happy.ap.teacup.com/ararudin

 

レスれす

 投稿者:サドラー2号  投稿日:2011年 4月18日(月)22時14分51秒
編集済
  ダジャレですが・・・

SAIさま>
 そうそう、音楽は決して無力ではないですよね
 今こそ、被災地は音楽での癒しを必要としていると思います
 阪神大震災のとき、私が音楽ボランティアとして
 合唱団の仲間と被災地に行ったのは震災から1ヶ月と11日後のことでした

 あと、お祝いありがとうございます
 超難曲の上に練習日程も詰め詰めでこれからが大変なんで、
 応援よろしくお願いいたします~~(^^;;;;;;;

 「ドイツ・レクイエム」を「ドツ・レク」って言うのは
 私も今回初めて聞きました
 なんか、聞き慣れないし、イヤかも(笑)


Miyabiさま>
 お祝いありがとうございます
 私も、来シーズンの土曜日定期券、また同じ席をGETしました
 でも、1月は客席にいないでステージ上にいたいなあ~
 1月チケットの嫁入り先を探せるよう、頑張りますね

http://happy.ap.teacup.com/ararudin/

 

遅ればせながらPAC第42回定期

 投稿者:サドラー2号  投稿日:2011年 4月18日(月)22時01分39秒
  4月9日(土)、高松公園での「復興祈念のつどい」のあと、
大ホールに行ってPAC第42回定期演奏会を聴いた。

今回の定期演奏会は、「復興祈念演奏会」と位置付けられている。
会場には義捐金BOXが置かれ、ロビーでのプレ演奏も行われ
特別な演奏会の雰囲気が漂っていた。

席についてしばらくすると、PACのメンバーが登場し
チューニングが始まった。
今回は1期生で私の大好きなオーボエ奏者
藤井貴宏さんが乗られるというので楽しみしていたが・・・
あれ?弦楽だけしか登場していない。

と思ったら佐渡さんが登場して、マイクを取って話し出した。
今回の大震災で亡くなった方々を悼み、
バッハのアリアを演奏されるのだ。
佐渡さんは、演奏後は拍手はせず全員立って黙祷しようと呼びかけられた。
静かな静かな、アリア・・・。
演奏後の1分間の黙祷で神様に祈っていたら
何だか嗚咽がこみ上げてきた。

その後、気を取り直して定期演奏会。
金管木管ティンパニのメンバーもステージに登場し、
待望の藤井さん登場。
でも、今回はセカンドで乗られるということなんで
藤井さんの音は聴こえないだろうなあ。

佐渡さんと、ソリストの岩谷祐之さん、西谷牧人さんが登場した。
ブラームスのダブルコンチェルトだ。

この曲、以前シェリングの演奏にハマっていたときに
買い漁ったCDの中にあった1曲で、何度も聴いていたはずなのだが
1楽章の冒頭は驚くほど聴き覚えがなくってびっくり。
もしかして、おぼっていた曲と違ったのかな?
冒頭のチェロの音、すごくきれい。
でも、少し音量が足りないように感じたが
私の席がRAの1というステージに張り出した場所なので
チェロの音が聴こえにくいのかもしれない。
祐さんのヴァイオリンは大きな音で聴こえた。

オーケストラが入るところでも、思ったより迫力がない気がしたが
次にオーケストラが出たときはド迫力だったんで
最初はフォルテじゃなかった、ってことなのかな。
オーケストラの部分が鳴ったらやっぱり記憶にある曲だったんで
やれやれ、やっぱりそうだった、と安心した。

コンサートマスターの豊嶋さんが全開で演奏されているのがよく見えて
かっこいいなぁ~と見惚れてしまった。
それに比べるとソリストの祐さんも牧人さんも
なんだかちょっと演奏が「若い」って感じがする。
お2人とももちろんお上手だしすごくきれいで
情感もたっぷりなんだけど
どこか清潔感があるというか爽やかな感じがするのが若さなのかな。

それにしても、ブラームスのダブルコンチェルトはきれいな曲だ。
ときどき、ヴァイオリンコンチェルトに似た旋律がある気がする。

藤井さんのオーボエはやはりなかなか聴き取れないけど、
ときどき、オーボエだけの演奏になるとき、
あ、これが藤井さんなのかなと思う音色があった。
重なった音を聴き分けられるほど耳が良くないのが残念だ。

気が着くと、佐渡さんの音楽の世界にどっぷりと浸っていた。
佐渡さんの手の動きで音がうねった。すごい。


2楽章はすごくきれいな曲。
ああ、やはりブラームスはいいなあ。
親愛なるヨハネスは、顔は怖いけど、
心優しいおじさんだったに違いない。

3楽章が始まり、冒頭のチェロのソロを聴いたとたん、
そうだ、この曲だ!と思った。
そう、ここの部分が好きなのだ。
ヴァイオリン・ソロが聴きたくて買ったCDなのに
この部分はどうしてもチェロの音に気持ちが行ってしまう。
もともとがヴァイオリンよりも低音のチェロの方が好きだからかな。

それにしても、佐渡さんのテンポは速い!
CDで知ってるテンポよりも佐渡さんはさらに軽快だ。

演奏が終わると、健闘を讃え合う祐さんと牧人さん。
仲が良さそうで、いいんだよなあ。
何度かの挨拶のあと、
ソリストのお二人だけが出てきてアンコールが演奏された。
最初、バッハの無伴奏チェロ組曲が始まってあれ?と思ったら
佑さんがサン・サーンスの「白鳥」でその上に乗っかって来た。
へぇ~、面白い!
私はまた、シューベルトの「アヴェ・マリア」でも合わせるのかと思った。

途中でパートが入れ変わったりもした。
もともとが「白鳥」はチェロのソロ曲だもんね。
演奏が終わり、肩を抱き合ってまた健闘を讃え合う祐さんと牧人さん。
そんなお2人の姿に、客席からも惜しみない拍手が送られた。


休憩をはさんで、第二部はフランクの交響曲。
セザール・フランクって人は、交響曲は1つしか書いてないそうだ。

冒頭から、何と激しい、暗く重い曲なのだろう。
震災から1ヶ月という今のことき、どうしてこの曲なのか。
その意味を思い悩んでしまう。
これが天からのメッセージなのだろうか。

ときどき、オーボエ・アンサンブルを支えている
藤井さんの音が聴こえるような気がしたが
よくわからないなあ。
オーボエで長いフレーズを吹く藤井さんは、
顔が真っ赤になっていた。
そうそう、オーボエ奏者の人って、こうなるんだよね~。


2楽章では、イングリッシュ・ホルンが重要なフレーズを演奏したが
ディミトリー・マルキンがすごく良い演奏をしていた。
彼も顔が真っ赤だった。

3楽章は、激しい振りから始まった。
きれいで壮大な部分もあり、優しく美しいところもあり・・・。
何ともスケールのでかい曲だ。

終わりみたいなクライマックスだな、と思ったら
やっぱいこの交響曲は3楽章で終わりなのだった。
古典的交響曲からスケルツォを除いた構成のようだ。

ラストは、夜明けのような海のようなフレーズ。
歌詞をつけて歌い上げることも可能なような・・・。
輝かしい音の奔流のうちに演奏が終わった。
場内には、ブラヴォーの嵐。

拍手をしながら、ふと斜め後ろを見ると
何か言葉の書かれた紙を持った人たちがいる。
「題名のない音楽会」HPに使われている
佐渡さんの似顔絵が最初にあり、
その後に続くのは「届け希望の光」の文字。

本当だなあ。
この演奏が、この祈りが東日本まで届けばいいのに。

アンコールはビゼーのオペラ「カルメン」から間奏曲。
激しい曲や楽しい曲ではなく、
しっとりとした情感の曲を選ばれたのは
やはり「祈り」の演奏をしたいというお考えなのだろう、佐渡さんは。

気付くと、斜め後ろRサイドの横断幕は
「PAC ありがとう 元気を」という文字に変わっていた。
そして、1階席の後ろの方にも何やら文字の書かれた横断幕が。
前にいる人の頭で文字が見えなかったのだが
あとで聞いたところでは「ベルリンフィル頑張ってください」
と書かれていたようだ。

佐渡さんを見ると、やっぱり涙でぐしゃぐしゃになっておられた。


終演後は、ロビーにPACのメンバーが全員出て募金を呼び掛けていた。
牧人さんと祐さんが目立つ所にいたので入れに行った。
豊嶋さんも大好きなので入れに行って、
走行してたらマネージャーのYさんが佐渡さんにも箱を持たせたので
2番目に入れに行った。
で、さっき外に出て行ったヴィオラのAさんは・・・と見に行ったら
そこにマイミクのMさんもいたのでまた入れたのだが
それが最後の千円札って話してたらAさんてば
「万札でもいいですよ~」とかいう。

薄給の公務員に向かってなってんこというんだ!(爆)

あと、ティンパニのNさんもおられたんで小銭を入れたけど
まだまだ箱はたくさんあったので
明日はぜひ、100円玉をたくさん用意してこようと思った。

藤井さんもロビーに出ておられたので話せて良かったが、
「たまにはブログに登場しませんか」というお誘いはお断りした。
私は、顔出しはしないことにしているので・・・。

でも、記念写真は撮ってもらった。


佐渡さんのサイン会の列待ちで仲間と集まって話していたら
御家族と会うために牧人さんも上がって来たし
お知り合いと待ち合わせていた藤井さんもやって来た。
藤井さんは、女性チェロ奏者の方(美人!)と待ち合わせていたそうで
そのファンの方達と一緒に佐渡さんのそばに行かれた。
そっと背後に回っていたので、気付いた佐渡さんが驚いておられたが
なんだか、いいなあ。ああいう関係って。

その、チェロ奏者のファンの方たちが
さっきの横断幕を掲げていた方達のようだった。

御家族と話しておられる牧人さんを見ると
奥さまと坊ちゃんがいるでないの!
ブログでは後姿とか、顔が出ないようにされてるが
ほっぺがプクプクで可愛いのだ。
牧人さんのお母さまに似ておられるような気がした。

列が短くなったので最後尾に入ったが、
佐渡さんに「大変でしたね」と言うと「ほんまや~」と
ため息交じりにおっしゃっていて
本当に、大変な思いをされたんだなあと思った。

この間、境港に行ったときに買ってきた
妖怪クリアファイルを2枚見せて
「どっちがいいですか?」と尋ねると、
はっきりくっきり鬼太郎の絵が描いてある方ではなく
淡いパステルカラーで塗り壁が描かれている方を選ばれた。
意外だ~。
てっきり鬼太郎の方だと思ったのに。
ネズミ男と握手したことを話したら、興味を持たれたみたいだった

写真は、サイン会の佐渡さん
いろんなものにサインしてます・・・

http://happy.ap.teacup.com/ararudin/

 

おめでとうございます♪

 投稿者:Miyabi  投稿日:2011年 4月18日(月)02時57分18秒
  サドラー2号さま、オーディション合格おめでとうございます!
来期のPAC定期会員券もGETしましたので、楽しみにしています。
体調管理に気をつけて頑張って下さいね。
 

おすそ分けありがとうございます

 投稿者:SAI  投稿日:2011年 4月15日(金)01時23分34秒
編集済
  住吉小って、やっぱり住吉駅の近くとかなんですかね。
親があの近くに住んでいたことがあって何度か遊びに行ったことがあるので、小学校前とかも通ってたかもしれません(大学が近くにあって、男子はともかく女子のお洒落度ぶりがハンパなかったという印象が強いです。時代も時代だったんでしょうけど。対して、同年代とは思えないみすぼらしさの私でした(^^;)。
「うたえバンバン」なつかしい。
想像しただけでじんとします。いいうたですよね。
某省に勤める昔の友人の一人が東北の任務から帰って来て「音楽隊の需要の多さに驚いている」とのことでした。
その人は別に音楽隊関係ではないのですが。
自治体からの要望も結構あるらしく。
勿論小規模短時間ですが、正規の音楽隊の派遣?だけでは間に合わず、部隊から人をあつめて即席バンド状態でやったところもあったほどのようです。
詳細までは分からないのですけど、きっと外で私たちが考えている以上に音楽は求められているのではないかと思います。

…と、一旦投稿したら管理人様とニアミスでした。
合格オメデトウございます(^^)。頑張ってくださいね。
そういえば昔初めて「どつれく」という単語を耳にした時は「どぼはち」と同じくらい馴染みませんでした…(笑)。その略ってポピュラーですか?
ベト7、マラ5、なんかは普通に使っちゃうんですけどね(笑)。
 

合格しました~

 投稿者:サドラー2号  投稿日:2011年 4月15日(金)00時42分49秒
  来年1月に行われるPAC第48回定期の
ブラームス「ドイツ・レクイエム」のオーディションに
合格しました!

いやぁ、一定のレベルを保つためとはいえ
ステージのたびにオーディションというのは
そうとうに厳しいです

特に今回は「ドイツ・レクイエム」という難曲で
初めて受けた「ヴェル・レク」のオーディションより
ずっと難しかった上に
時期的にも、「ヴェル・レク」が7月末のオーディションだったのに比べ
今回は6月の第44回定期マーラーの交響曲3番のオーディションも兼ねていて
4月初旬という最悪な時期のオーディションで
忙しいわ、花粉症で喉も鼻もグズグズだわで、苦労しました

でも、先生や団員で作曲ソフトを使える方が
練習用音源をアップロードしてくださったおかげで
なんとか自習でオーディションに向かうことができました

さああ、まずは6月のマーラー!
この曲は以前、小澤征爾さんの指揮するボストン交響楽団の公演に
出たことがあるんですが
1楽章がすっごく長くて待ち時間が長いのに
歌うのはほんの5分くらいで(笑)
でも、佐渡さんの指揮だったら、楽しく待っていられそうですね~

ブラームスの「ドイツ・レクイエム」は歌ったことがなくて
音も取りにくそうだしほんとに難しいみたいなんですが
すごくきれいな曲なんで、頑張ります

先生の都合で練習日が平日に入ってることがすごく多いんで
練習に通うのも大変なんですが
何とか、時間休を取ったり取らなかったりしながら続けようと思ってます
10月が大変そうなんだけど・・・

http://happy.ap.teacup.com/ararudin/

 

/83