teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成

新着順:119/180 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

川流れさんへ

 投稿者:川カッパ  投稿日:2010年 7月14日(水)00時03分1秒
  通報 返信・引用
  貴重な反論ありがとうございます。
独断と、偏見で書いていますと断っていますので、あくまで独断と偏見です。
1、について
鮎漁だけでは、生活はできません漁期が限られており、天候に左右されるからです。
網漁師は、年間60万円を、目標にしています。今年は難しいでしょう。刺し網行使料6万円、2000匹分の鮎代です。
2、網目は、漁協では半目2cmが行使基準です。ですから、体高4cm以上の鮎しか、かかりません。60g以下の鮎が獲れるときがありますが、口に糸が絡まった鮎です。
鮎は、小さいうちに網目を何回もくぐります。そうして、網にかからない鮎に成長していくわけです。
不思議なのは、網漁師が獲れるときは、釣り師もかかります。網漁師が鮎を獲ってしまうことはないのです。20kg30kg獲れることもありますが、だいたい落ち鮎時期です。これだけとれると、一晩中漁をするのですよ
球磨川の鮎ですと、終期には、だいたい一匹が200gありますので、100匹から150匹の間でしょう、これが毎日あるわけはありませんので、普通は、10匹から20匹くらいしかかりません。 川流れさんは、年間何匹鮎をとられますか?
4 ここが、最近変わってきたところです。昔はそうでしたが、最近は、朝獲れ鮎といい、
 朝3時ころから網をいれ、白みかけのころ上げますと、おなかに餌が入ってないあゆがかかります。すばやく生き〆しますと、網傷のないいい鮎が獲れるのです。


地域の経済効果の面は、その通りだと思います。当然頭にはあるのですが、全国の鮎を食べる消費者のことも考えていただきたいと思います。
川は、釣り師もものでもありません、もちろん漁師のものでもないのです。全国民のものだと思いますが、まちがつているでしょうか?
 
 
》記事一覧表示

新着順:119/180 《前のページ | 次のページ》
/180